市民カレッジ

まつえ市民大学について

松江市教育委員会生涯学習課において、平成15年に新たな学習拠点として「まつえ市民大学」はスタートしました。

7つのカレッジ(シニア・ふるさと・スポーツ健康・音楽・美術・環境・総合カレッジ)と特別コース(カレッジサポーター養成講座等)から構成しており、身近な問題についての講座や、「生きがい」や「心の豊かさ」につながる内容まで様々な講座があります。

本校では、生物生産科と総合学科において、シニアカレッジとふるさとカレッジで、4つの講座を担当し、松江農林高校の農場や施設・設備を生かして、市民の方々が生きがいを持って人生を送られるようお手伝いをしています。受講生の方は、若い方から高齢の方まで幅広いですが、どなたでも参加でき、分かりやすく楽しい講座を準備しています。

生涯学習とは教わることではなく、自ら学ぶことです。受講生自ら学ぶ姿勢を大切にしています。また、学んだ成果を生かし、市民参画型の「まつえ市民大学」を目指しています。

過去の松江農林高校での開催実績

カレッジ名 開催時期 学習内容 ・講師
シニアカレッジ? 1月中旬(2回・午前) やさしいバイオ体験
生物生産科生物工学担当
シニアカレッジ? 7月中旬(1回・午前) やさいづくり
生物生産科野菜担当
シニアカレッジ? 11月下旬(1回・午前) 草花づくり
生物生産科草花担当
ふるさとカレッジ 10月中旬(1回・午前) パンづくり
総合学科食品科学系列担当
ふるさとカレッジ 12月下旬(1回・午前) キムチづくり
総合学科食品科学系列担当

 

 

<パン作りの様子> <キムチ作りの様子>
<花作りの様子>  <バイオ体験の様子>

 

 

ふるさとカレッジ  体験学習「パンづくり」の感想

  • パンづくりは、毎日作れば上手になり、パン生地と話が出来るようになる。プロはパン生地がしゃべってくれるくらいにわかる。
  • 手順通りに作らないと成功しないパンづくりに、参加者たちは真剣なまなざしで生地を丸めている。
  • 今回は、ミルクブレッドとアンパンを作り、オーブンから香ばしい匂いとともに出てきたパンを見て参加者は口々に「いい色に焼けてる!」「いい香り!」などと喜びの声を上げていた。
  • できたてのパンはさすがに温かく柔らかく、試食をしながら皆満足そうに顔がほころんでいた。

ふるさとカレッジ  体験学習「花作り」の感想

  • 自分流でばかり栽培していたので、今日の講義は大変参考になりました。説明も分かりやすく、帰宅したら早々に実行したいと思います。土からブレンドしていけば咲いたときは、いっそう花が愛しく感じると思います。
  • ガーデニングの基礎が習ったので、今後挑戦したい。
  • 今日は大変楽しみにしてきました。土作り、植え付け、管理についてのお話が聞けて大変参考になりました。大切に育てて楽しみたいと思っています。楽しく、分かりやすく興味がます講義でした。

 

 

 

 


島根県立松江農林高等学校 (管理者ログイン)