校長あいさつ

島根県立松江農林高等学校 
校 長  吉 岡 正 弘

ようこそ、松江農林高校のホームページへお越しくださいました。

本校は、明治33年(1900年)に島根県農林学校として産声を上げて以来、20,248人の卒業生を送り出し、県内外で活躍されています。

これまで、時代の要請に応えながら学科改編などを行い、現在は農業系学科として、生物生産科、環境土木科の2学科と、総合学科(食品科学系列、福祉サービス系列、地域クリエイト系列)1学科2学級で1学年4学級規模の学校です。

校訓は、「質実・剛健」「自主・創造」「奉仕・協同」の3つで、これは昭和52年に定められ、今も脈々と当時の松農魂が受け継がれています。

本校は、松江・安来・雲南地域を中心とする島根県の高校生に対し、中学校における教育の基礎の上に普通教育を行いながら、生徒の興味・関心に応じて農業、園芸、農業土木、造園、食品、福祉・保育、地域の産業や文化等の専門的な教育をあわせて行う学校です。
一般的な教養を高めながら専門的な知識・技術及び技能を習得し、人間性豊かで、将来の地域産業を担う職業人を輩出することが求められるとともに、近年は農業系学科及び総合学科教育の担い手育成にも力を注いでいかなければなりません。そのような地域のニーズに対して次のような人材の育成に取り組んでいいます。

  1. 本県の農業、園芸、農業土木、造園、食品、福祉・保育、地域の産業や文化等を支える専門的な知識や技能を有した将来のスペシャリストを育成する。
  2. 将来の島根県の産業や教育の担い手として、社会人としての基礎力を有した人材を育成する。
  3. 職業人として必要な人間性を養い、生命・自然・ものを大切にする心や規範意識、倫理観を持った人材を育成する。

放課後や長期休業中の農場管理実習、部活動、農業クラブ・家庭クラブ活動、地域の人たちとの連携した活動など、様々な取り組みを行っており、生徒は日々成長を続けています。

第14期卒業生(大正5年3月卒業)から贈られた『すべての蕾よ花とさけ』というメッセージのもと、毎日生徒たちの明るい声があふれています。
平成31年度は生徒・教職員が、「凡事徹底」「日々改善」をモットーに「時を守り 場を清め 礼を正す」ことを意識化して日々の教育活動を実践し、少し高い目標を掲げ、目標達成意欲を持ち続け汗と涙と感動溢れる学校を目指して日々精進しております。
多くの方々に本校のホームページをご覧いただき、学校の様子を感じていただければ幸いです。

カテゴリートップ
TOP
次
校訓・教育目標

島根県立松江農林高等学校 (管理者ログイン)