活動報告

人に良いと書いて「食」

カテゴリ : 
生徒活動
 
2017-9-26  

126日。

5月23日に田植えをしてから126日が過ぎた本日(9月26日)、本校の1年生が「稲刈り実習」を行ないました。

自分たちが一生懸命手植えをした苗が、雨の日も、風の日もすくすくと成長しました。

天候にも恵まれ、大粒の汗を流しながら収穫することができました。

小さな一粒でも、私たちの食にとっては大切な一粒です。今回の実習を通して、食に感謝する気持ちをよりいっそう強めたいものです。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。

☆稲刈り実習の様子☆

   

   

   

   

   

   

   

    

  • 閲覧 (413)
島根県立松江農林高等学校 (管理者ログイン)