活動報告

環境土木科1年生 「農業と環境」の実習より

カテゴリ : 
生徒活動
 
2019-6-6  

 6月6日(木曜)3,4限の時間に、環境土木科1年生(40名)は「農業と環境」の授業内の実習で、“サツマイモの定植”を行いました。
 先週までは県総体などがあったためになかなか畑の準備ができず、さらに天気予報では翌日から雨の予報、そして梅雨入り・・・と、これからの雨の季節を前に、今日のこの時間での定植となりました。前日までの放課後の当番実習を利用して畑には畝(うね)を立ててマルチを張るなどの準備をして当日を迎えました。
 当日は、まず教室で苗の植え方や注意事項などの説明をしてから畑へ行きました。その後、各班で与えられた区画にサツマイモ苗を定植していきました。今回植えた品種は「紅はるか」です。10月後半の収穫の時期まで愛情を込めて育てていきたいです。
 
 

  今回はサツマイモでしたが、4月に植えた“トウモロコシ”も順調に育っています。あと1ヶ月半ほどでおおきな実をつけてくれることと思います。同じく、播種(種まき)から行った春夏用の花の苗もハウス内で順調に育っています。これらも夏休みまでには花壇に植えて、校内の“ふれあい広場”などを彩ります。

  • 閲覧 (171)
島根県立松江農林高等学校 (管理者ログイン)