活動報告

今日の『畜産加工』 〜新鮮な卵をゆで卵にすると何故殻が剥きにくいのか?〜

カテゴリ : 
生徒活動
 
2020-6-25  

ゆで卵の殻を剥くとき、卵殻膜に卵白がくっついてキレイに剥けないことがありますよね。

 これは新鮮な卵ほど炭酸ガスが多く含まれていて、加熱されると膨張し、卵殻膜(殻の内側にある薄い膜)を卵殻(殻のこと)に押しつけてしまうからです。

ということで、まず塩水選をして卵の鮮度を観察し、ゆで卵を作ってみました。
今回は新鮮なA卵と数日経過したB卵を用いました。


【結果】
 
「固ゆで」では差が出にくいですが、「半熟」は差が出るようです。
 

  • 閲覧 (117)
島根県立松江農林高等学校 (管理者ログイン)